コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

褒章 ホウショウ

7件 の用語解説(褒章の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ほう‐しょう〔‐シヤウ〕【褒章】

栄典の一。ある分野において、りっぱな行い、功績のあった人を表彰するために国から与えられる記章。紅綬(こうじゅ)(人命救助)・緑綬(徳行卓越)・藍綬(らんじゅ)(公益・教育など)・紺綬(公益のための私財寄付)・黄綬(業務精励)・紫綬(文化功労)の6種が定められている。→叙勲(じょくん)勲章
[補説]褒章の種類と授与対象
種類授与対象
紅綬褒章自己の危難を顧みず人命の救助に尽力した者
緑綬褒章自ら進んで社会に奉仕する活動に従事し徳行顕著である者
黄綬褒章業務に精励し衆民の模範である者
紫綬褒章学術・芸術上の発明・改良・創作に関して事績の著しい者
藍綬褒章公衆の利益を興し成績著明である者、または公同の事務に尽力した者
紺綬褒章公益のため私財を寄附した者
飾版(しょくはん)既に褒章を授与された者に、さらに同種の褒章を授与する場合

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

褒章【ほうしょう】

広く民間の各種善行者に授与される栄典。種類による区別はあるが等級の差はない。太政官布告の褒章条例(1881年)で定められ,初めは紅綬褒章緑綬褒章藍綬褒章の3種,1918年紺綬褒章が加わり,1955年政令により黄綬褒章紫綬褒章の各褒章ができ,6種となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ほうしょう【褒章】

栄典制度の一つで,勲章が国家に功績ある者に与えられるのに対し,社会や公共のため尽くした人々に与えられる栄典。1881年12月7日太政官布告第63号の褒章条例によって規定された。自分の危険を顧みず人命救助をした者には紅綬褒章,孝子・節婦・徳行卓絶なる者や実業に精励して一般人の模範たるべき者には緑綬褒章,教育,病院建設,道路・橋梁などの修築,田野の開墾,実業の発達などに貢献した者に藍綬褒章を与えることとした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ほうしょう【褒章】

栄典の一。社会・公共・文化などに尽くした人を表彰して授与される記章。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

勲章・褒章がわかる事典の解説

ほうしょう【褒章】

勲章位階と並ぶ日本の栄典の一つ。勲章が国家または公共への功労を顕彰(けんしょう)するものであるのに対し、褒章は社会の各分野での優れた事績、行いを顕彰する。1881年(明治14)の太政官布告第63号「褒章条例」によって制定され、自己の危難を顧みず人命救助した人に紅綬(こうじゅ)褒章、孝子(孝行な子)・節婦(節操堅固な婦人)など徳行卓絶な人、または業務に精励し衆民の模範である人に緑綬(りょくじゅ)褒章、教育、衛生事業、学校・病院の建設、道路・橋梁などの修築、田野の開墾、森林の栽培、水産の繁殖などに貢献した者に藍綬(らんじゅ)褒章を授与することになった。次いで1918年(大正7)に、公益のために私財を寄付した者に授与する紺綬(こんじゅ)褒章が追加され、さらに、第二次世界大戦後の1955年(昭和30)に条例の一部が改正され、業務に精励し衆民の模範である人を緑綬褒章から切り離して黄綬(おうじゅ)褒章の対象に、また従来は藍綬褒章に含まれていた学術・芸術・発明などの顕著な功績に対し新たに紫綬(しじゅ)褒章を制定することになり、計6種類となった。これには勲章のような等級はない。2002年(平成14)8月の閣議決定栄典制度の改革について」では、対象者を拡大する観点から、緑綬褒章にボランティア活動を加える、紫綬褒章の年齢制限を撤廃するなどの改善がはかられた。紺綬褒章以外の褒章の授与は、勲章の春秋叙勲に合わせ、4月29日と11月3日に春秋褒章として発令され、受章者数は毎回おおむね800名を予定している。章は円形のメダルで、中央の金色の円内に褒章と記され、それを銀色の桜花紋(おうかもん)が囲んでいる。6種類は、それぞれの名称となっている色でつくられた、章を吊るす綬(じゅ)(リボン)で区別されている。複数回の受章となる場合は、褒章でなく、銀製の飾版(しょくはん)が授与され、それが5個以上になると、5個ごとに金製の飾版1個と引き換える。なお、表彰される者が団体の場合は、褒章ではなく褒状が授与される。また、受章対象者が死亡している場合は、遺族に賞杯(銀杯・木杯)または褒状が贈られる(遺族追賞)。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

褒章
ほうしょう

栄典制度」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

褒章
ほうしょう

国の栄典の一つ。主として民間人の善行を表彰する趣旨で、国から与えられる名誉の標章。1881年(明治14)褒章条例(太政官布告63号)が公布され、紅綬(こうじゅ)褒章、緑綬褒章、藍綬(らんじゅ)褒章の3種が定められたが、その後1918年(大正7)紺綬褒章、さらに55年(昭和30)黄綬褒章、紫綬褒章が増設されて、現在6種となっている。これらの褒章は銀製の章(メダル)をつるす綬(リボン)の色によって識別され、表彰の対象となる善行、事績の内容によって、それぞれ授与される褒章が定められている。褒章は、勲章とは異なって等級がなく単一級である。また、褒章の裏面には受章者の氏名が刻印される(紺綬褒章を除く)。すでに褒章を受章した者が再度同じ種類の褒章を授与されるような善行または事績があった場合には、そのつど飾版(褒章の綬につけて飾るもの)1個が授与される。表彰される者が団体の場合には褒状が授与される。授与される者が死亡した場合には、その遺族に、追賞として賞杯(銀杯)または褒状が授与される。なお、1947年(昭22)新憲法施行の際、他の栄典が廃止または運用の停止措置がとられたのに対し、この褒章制度のみは中断されることなく、むしろ運用が強化され、栄典制度の空白を補う効用があった。[内閣府賞勲局]

沿革と授与対象


紅綬褒章
自己の危険を顧みないで人命を救助した者に授与される。綬は紅色。[内閣府賞勲局]
緑綬褒章
孝子、節婦など徳行の優れている者に授与される。綬は緑色。第二次世界大戦後の受章者は3人にすぎず、近年授与例はない。[内閣府賞勲局]
黄綬褒章
篤農家、一般勤労者を対象とし、業務に精励し衆民の模範たるべき者に授与される。綬は黄色。[内閣府賞勲局]
紫綬褒章
学術・芸術上の発明、改良、創作について事績著明な者に授与される。綬は紫色。[内閣府賞勲局]
藍綬褒章
教育・衛生・慈善・防疫の事業、学校・病院の建設、道路・河渠(かきょ)・堤防・橋梁(きょうりょう)の修築、田野の墾闢(こんびゃく)、森林の栽培、水産の繁殖、農商工業の発達について公衆の利益を興した者または公同の事務に勤勉した者に授与される。綬は藍(あい)色。[内閣府賞勲局]
紺綬褒章
公益のため私財を寄付した者に授与される。綬は紺色。当初は、国および地方公共団体ならびに特定の公益法人に対し私財1万円以上を寄付した者が対象となっていたが、数次の改定を経て、1981年(昭和56)から500万円以上に改められている。なお、二度以上私財を寄付した者には銀飾版が授与されるが、これが5個以上になると、5個ごとにこれらと引替えに金飾版が授与される。また、1500万円以上の私財を寄付した者には、紺綬褒章のほか、木杯一組が授与される。団体が1000万円以上寄付した場合は、褒状が授与される。[内閣府賞勲局]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の褒章の言及

【造幣局】より

…通常の貨幣のほか,オリンピック,万国博覧会など国家的行事に関する記念貨幣の製造も造幣局の業務である。造幣局の業務としては,そのほかに,(1)総理府賞勲局の注文による勲章,褒章類の製造,(2)官公庁その他の注文による銀盃,バッジ,メダル等金属工芸品の製造,(3)鉱山会社,貴金属商等の依頼による貴金属地金の精製および品位証明,(4)官公庁その他の依頼による地金,鉱物の分析および試験,(5)貴金属製品の製造業者または販売業者からの依頼による貴金属製品の品位証明,などがある。なお,毎年,大蔵大臣が執行官となって,〈製造貨幣大試験〉が行われるのが例となっているが,これは,製造された貨幣が定められた誤差の範囲内にあるかどうかを検査するものである。…

※「褒章」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

褒章の関連キーワード位階勲等栄典制度オフィシエ栄典勲章年金勲章藻大勲位ビクトリア勲章日本国憲法第十四条名誉大英勲章

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

褒章の関連情報