コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

審級 シンキュウ

デジタル大辞泉の解説

しん‐きゅう〔‐キフ〕【審級】

訴訟事件を異なる階級の裁判所で反復審判させる場合の裁判所間の序列。日本の司法制度は原則として三審級をとる。→三審制度

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

審級【しんきゅう】

正しい裁判のために,訴訟事件を異なった階級の裁判所で反復審理させる制度がとられるが,その場合に決められる裁判所間の審判における順序関係をいう。日本では,裁判所には4階級があるが,訴訟事件に関する審理の上では三審制度がとられ,三つの審級が認められている。
→関連項目差戻し事実審終局判決

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しんきゅう【審級】

同一の事件が,上訴を通じて何回か繰り返して審判されるとき,その一つ一つを審級という。例えば,控訴上告が許されている場合には,第一審,控訴審,上告審のそれぞれが審級となる。一定の種類の事件について,法律上,どのような審級が用意されているかを審級制度という。最も単純な審級制度は,第一審限りで上訴をまったく認めない一審制であるが,これは近代的な司法制度の中では例外的である。現在は,二審制または三審制がほとんどである。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しんきゅう【審級】

訴訟事件を、異なる段階の裁判所で繰り返し審判する制度における裁判所間の審判の順序・上下の関係。日本では三審級をとっている。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

審級
しんきゅう

裁判所に上下の階級を設け、下級裁判所の裁判に対し上級裁判所へ不服を申し立てることを認め、同一訴訟事件を異なる階級の裁判所で反復審判する上訴制度における裁判所間の審判の順序、上下の関係を審級という。日本の司法制度は裁判所に4階級(簡易裁判所地方裁判所高等裁判所最高裁判所)を設けているが、訴訟上は原則として三審制をとっている。[内田武吉]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

審級の関連キーワード事実審・法律審裁判所構成法重層的決定家庭裁判所中間判決二重訴訟内乱罪補佐人法律審第1審事後審下級審プレボ上級審第2審第3審続審初審終審覆審

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android