コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

特別上告 とくべつじょうこく

6件 の用語解説(特別上告の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

特別上告
とくべつじょうこく

違憲問題についての終審裁判所としての最高裁判所に対して申し立てられる民事訴訟法上の不服申立方法。違憲上告,再上告とも呼ばれる。判決に憲法解釈の誤りがある場合,または判決の基礎となった訴訟手続に憲法の違背がある場合にかぎられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

とくべつ‐じょうこく〔‐ジヤウコク〕【特別上告】

民事訴訟法上、高等裁判所上告審としてなした終局判決などについて、違憲を理由として最高裁判所に対して行う不服申し立て。違憲上告。再上告。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

特別上告【とくべつじょうこく】

民事訴訟法上,高等裁判所上告審としてなした終局判決または仮差押え仮処分に関する終局判決については最高裁判所の判断を求められないため,憲法違反を理由とする場合に限り,特に認められる最高裁判所への不服申立て民事訴訟法327条)。
→関連項目三審制度

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

とくべつじょうこく【特別上告】

民事訴訟において,高等裁判所が上告審として下した終局判決に対して,憲法の解釈の誤りその他憲法の違反があることを理由とするときに限り,とくに最高裁判所にすることができる上告(民事訴訟法327条1項)。違憲上告ともいう。また高等裁判所が上告審として下した終局判決に対してなされるものは,再上告といわれることもある。特別上告は,憲法上最高裁判所が,一切の法律,命令,規則又は処分が憲法に適合するかしないかを決定する終審裁判所であるとされていること(憲法81条)に基づいて,上告審判決ではあっても最高裁判所によるのでないものに関して,憲法問題についてだけはとくに最高裁判所の判断を受ける道を保証するために設けられているものである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

とくべつじょうこく【特別上告】

民事訴訟法上、一定の終局判決について、違憲を理由として最高裁判所に対してなす不服申し立て。高等裁判所が上告審としてなしたもの、および仮差し押さえ・仮処分についてなしたもの、地方裁判所が第二審としてなしたものについて行われる。再上告。違憲上告。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

特別上告
とくべつじょうこく

民事訴訟法上、不服申立てができない終局判決であっても、憲法問題を理由とするときは最高裁判所の判断を仰ぐことができる制度。違憲上告または再上告ともいう。刑事訴訟法上は、すべての上告審は最高裁判所が担当するので、この制度はない。
 最高裁判所は、いっさいの法律、命令、規則または処分が憲法に適合するかしないかを決定する権限を有する終審裁判所である(憲法81条)。そこで、通常の不服申立てができなくなった裁判についてでも、憲法問題を理由とするときは、その不服についてさらに最高裁判所で判断を受ける機会を設けておく必要がある。すなわち、高等裁判所が上告審としてなした終局判決、および仮差押えまたは仮処分に関し高等裁判所が第二審もしくは第一審としてなした終局判決、または地方裁判所が第二審としてなした終局判決に対して、その判決に憲法の解釈の誤りがあること、そのほか憲法違反があることを理由とするときは、最高裁判所にさらに上告することができる(民事訴訟法327条)。しかし、この特別上告は原判決の確定を遮断しない(同法116条)から、その性格は本来の上訴とはいえない。それは確定判決を対象とする点で再審の訴えに類似する不服申立てであるが、この訴訟手続には、その性質に反しない限り一般の上告に関する規定が準用される(同法327条2項)こととなっている。[内田武吉・加藤哲夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

特別上告の関連キーワード控訴三審制度上告破棄法律審民事訴訟規則補佐人上告裁判所上告審上告趣意書

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone