組紐文(読み)くみひももん

世界大百科事典 第2版の解説

くみひももん【組紐文】

もともと組紐の文様化であったものが,しだいに交差する紐状の連続文として独自に発展したと思われる。その特徴は〈組み〉あるいは〈結び〉のもつ呪術的な性格と神秘的ともいえる連続性にある。また平板になりがちな文様のうちでは立体感のあるものの一つといえる。組紐文は古くから各地でみられ,前3千年紀のシュメール陶板に見るねじり帯ふうの文様や,アッシリアの〈生命の〉といわれるレリーフ(前1000)は,それぞれ渦巻文,パルメット文と関連すると考えられる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の組紐文の言及

【アイルランド美術】より

…その芸術は反自然主義,反図像主義の原理に基づいており,ラ・テーヌ後期のモティーフを継承してこれにキリスト教的意味を付与させたものである。そこにはさらにゲルマンのモティーフ(動物組紐文)や地中海世界のモティーフ(組紐文)もとり入れられた。大陸の影響の下に描かれた人間像や聖書中の説話場面は完全にアイルランドの伝統的装飾原理に服し,現実的形体を奪われて,超越的次元へと移しかえられた。…

※「組紐文」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android