編(み)目(読み)アミメ

デジタル大辞泉の解説

あみ‐め【編(み)目】

編み物の単位になる、糸を編んだからみ目。「編み目を数える」
糸や竹などを編み合わせたときにできるすきま。「編み目の粗い竹垣

へん‐もく【編目/×篇目】

文章の編や章につける題目。また、その表題

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

あみ‐め【編目】

〘名〙
① 物を編み合わせたすきま。
※万葉(8C後)一一・二五三〇「あらたまの伎倍(きへ)が竹垣編目(あみめ)ゆも妹し見えなば吾恋ひめやも」
② 糸と糸とを編み合わせた部分。
※毛糸編物独案内(1888)〈浜田兼次郎〉「編目はあまり堅く緊(し)むべからず又た緩るすぎるもよろしからず」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android