編(み)目(読み)アミメ

デジタル大辞泉の解説

あみ‐め【編(み)目】

編み物の単位になる、糸を編んだからみ目。「編み目を数える」
糸や竹などを編み合わせたときにできるすきま。「編み目の粗い竹垣」

へん‐もく【編目/×篇目】

文章の編や章につける題目。また、その表題

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android