コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

組織成長モデル そしきせいちょうモデル

1件 の用語解説(組織成長モデルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

組織成長モデル
そしきせいちょうモデル

組織の規模の増大と,それに伴う管理上の問題によって,組織の戦略と構造の変革が行なわれていく過程を示したモデルの総称。さまざまなモデルが存在するが,著名なものとしては,B. R.スコットの単一機能・統合・多角化の3段階に分けたモデル,L. E.グライナーの5段階モデル,T. M.ストップフォードの国際化のモデルなどがあげられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

組織成長モデルの関連キーワード化膿職制職務分析超過負担レーガノミクスケルヴィンの式(熱力学)ファントホッフ‐アレニウスの法則販売組織高齢者中心の組織チリ大地震に伴う津波情報

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone