コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

経営戦略 けいえいせんりゃく management strategy

4件 の用語解説(経営戦略の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

経営戦略
けいえいせんりゃく
management strategy

企業が競争的環境のなかで生抜いていくために立てる基本的な方針。もともとは軍隊用語であるが,経営史家の A.D.チャンドラーらが経営の分野に導入した。一つの企業が有する経営資源は有限であり,あらゆる分野に投入することは不可能であるため,経営戦略に従って選択的に配分する必要がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ナビゲート ビジネス基本用語集の解説

経営戦略

事業体が経営目的を達成できるようにするための方策全般をさす。特に全体の活動の方向づけや、方向づけられた活動をできるようにするための体制づくりなどのレベルを経営戦略とよぶ。私企業に限らず、行政体や非営利組織などのあらゆる組織で重要とされている。 経営戦略は、さまざまな分類や内容の展開がされている。まず時間軸に照らすと長期戦略、中期戦略となり、範囲の違いでは全体戦略(全社戦略)、部分戦略(部門別戦略)となる。戦略が構成される内容では、私企業の全社戦略を例にとると、市場戦略体制戦略や組織戦略、要素戦略といったレイヤー構造に展開されることが多い。

出典|ナビゲート
Copyright (C) 1999 - 2010 Navigate, Inc. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

けいえいせんりゃく【経営戦略】

経営方針〉〈経営戦略〉の用語の意義は互いに重複しており,実際上も混同して使用されることが多い。あえて分ければ,経営方針は経営の基本目標を示したものといえ,経営戦略は,この基本目標を実現するため,いかなる事業活動を行うかについての指標といえる。いわば両者は目的と手段の関係にあり,抽象度の相違はあるものの,どちらも企業が向かうべき方向,達成水準を示すものである。近年,経営戦略という用語が頻繁に用いられるが,これは,技術革新などによって企業環境の変化が激しくなり,新製品開発や多角化による対応を企業が迫られているからであり,企業努力が分散しないように事業が何なのかをできるかぎり正確に規定することが要求されているからである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

経営戦略
けいえいせんりゃく
corporate strategy

経営目標を達成するための手段選択の枠組みをいう。経営戦略は、経営目標と経営計画の中間に位置し、計画の策定と実施が目標実現に有効に機能するよう媒介する。企業活動について経営戦略の必要が意識的に主張され、その体系化が図られるようになったのは、1950年代に入ってからのことである。それまでは、経営目標―経営計画という体系が主であったが、環境の流動・多様化により、目標をただちに計画に展開することがしだいに困難になってきた。そのため、経営目標―経営方針(経営政策)―経営計画という体系が現れたが、経営方針の概念内容のあいまいさもあって定着せず、短期間に構想が新しく改められて、経営目標―経営戦略―経営計画という体系が出現した。
 経営戦略は普通、階層的に企業戦略corporate strategy、事業戦略business strategy、機能戦略functional strategyの3種からなるとされる。経営戦略を狭義に解するときは、企業戦略のみをもって経営戦略とするが、初期にはこのような考え方が主であった。企業戦略は、企業全体に関する戦略であり、具体的には、事業分野の選択と組合せが中心になる製品・市場戦略や多角化戦略である。事業分野や製品には、ライフ・サイクルによる盛衰がかならず生じるから、特定の事業分野や製品に永久に固執することはできない。また、技術革新などの環境変化も重大な影響を及ぼす。これらを勘案しながら、製品開発、新製品採択、既存製品の改良、既存製品の生産中止、既存市場への浸透、新事業分野への参入、既存事業分野からの撤退などを組み合わせた企業活動の長期的枠組みを作成する。これが企業戦略である。企業戦略は、上述のような内容とともに、それを展開するための、他企業の統合・合併、あるいは自企業の分割・再編のような基本方法をも含んでいる。事業戦略は、企業戦略によって設定された各事業分野ごとに設定される戦略である。ここでは、企業戦略で各事業分野ごとに策定された内容の展開に関する資源配分とタイミングが問題にされる。これを受けて、生産・販売・財務・労務などの各領域に関する機能戦略が策定される。
 経営戦略を策定する際の要点は、長期的に企業をどの方向にもっていこうとするのかという成長ベクトルを明らかにすることと、シナジー(諸資源の組合せの総合効果)を追求することである。[森本三男]
『H・I・アンゾフ著、中村元一・黒田哲彦訳『最新・戦略経営』(1990・産能大学出版部)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の経営戦略の言及

【経営・経営管理】より

…後者については,なかなか適切な方法はなく,経営者,管理者の判断力・直観力や,試行錯誤に依存する等の方法にとって代わる合理的なものは生まれていないが,人間の思考過程をコンピューター・シミュレーション・モデルに模型化し,多少とも高度に複雑な意思決定に解析的に接近しようとするヒューリスティックな問題解決ないし全般的問題解決プログラムが形成されつつある。
【意思決定の構造と経営戦略】
 非定型的意思決定は,今までの用語法でいえば管理というよりも経営といったレベルの意思決定を指すことになる。こうしてみると,組織,とりわけ企業組織は,若干その性格を異にする以下のような3層からなる意思決定構造をもっている,ともいうことができる。…

※「経営戦略」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

経営戦略の関連キーワード経営戦略論営利的経営最高責任者トップマネージメントモラル・ハザード(経営戦略)経営受委託経営方針マネジメント事業計画事業計画書

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

経営戦略の関連情報