コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

経営史学 けいえいしがく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

経営史学
けいえいしがく

経営を歴史的にとらえようとする学問分野。企業史に従って経営史を展開する立場と,企業者史に経営史研究のよりどころを求める立場の2つの流れがある。前者はその社会的,構造的なものを一般にそれぞれの社会に固有な文化的諸要因,すなわち「生活目的・目標」「価値体系」「社会的格づけ」「行為の形式」などに求め,その社会に特有なそうした制度化された思考・行動様式がどのように企業者の意思決定と活動に影響するかを究明しようとする。後者においては企業経営の人間的主体,すなわち企業者およびその活動を従来の経済史学のように経済決定論的に説明するのではなく,企業者活動自体を人間的,主体的なものと社会的,構造的なものとの接点において,つまり人間的であると同時に社会的,構造的なものとして認識し,理論的・実証的研究を企てている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

経営史学の関連キーワードアルフレッド・デュポン(Jr.) チャンドラージェフリー ジョーンズチャンドラー脇村 義太郎脇村義太郎宮本 又次中川敬一郎米川 伸一大倉喜八郎奥田正香中西聡社史

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android