コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

経済小説 けいざいしょうせつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

経済小説
けいざいしょうせつ

1960年代からの高度経済成長時代を背景に登場してきた小説の一ジャンル。それまで主に政治とのかかわりでうんぬんされてきた「組織と人間」の問題が,経済の側面から追求されるようになったものである。城山三郎の『総会屋錦城』 (1958年) ,『小説日本銀行』 (62年) ,『鼠』 (66年) などの成功をうけて,梶山季之邦光史郎清水一行,高杉良らが続いた。その作品は,産業スパイもの,サラリーマンもの,企業小説と多岐にわたり,現代の世相風俗を取り込み,都市サラリーマンに広く受け入れられている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

経済小説の関連キーワードメタボリズム安保闘争朝鮮映画電子工業日本社会党韓国市民運動農家経済第5世代コンピューターコンゴ動乱

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

経済小説の関連情報