コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

経穴彙解 けいけついかい

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

経穴彙解
けいけついかい

鍼灸(しんきゅう)医学書。著者は江戸中期の医者の原南陽(なんよう)。全8巻8冊。1807年(文化4)に著された。原南陽は山脇(やまわき)東洋、賀川玄悦(かがわげんえつ)らに医を学んだが、水戸から江戸に出て窮乏し、あんまや鍼(はり)で生活を維持し、のち水戸侯の侍医となった人物である。この書は、鍼灸を行う部位である経穴(一般に「つぼ」とよぶ)について、木版図も用いて、身体の部位別に解説し、あわせて他の文献も引用してその異名や異説を述べている。[内田 謙]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

経穴彙解の関連キーワード内田

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android