コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

原南陽 はら なんよう

5件 の用語解説(原南陽の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

原南陽

江戸後期の水戸藩医。書家。水戸生。藩医原昌術の子。名は昌克、字は子柔、別号に叢桂亭、通称は玄与等。幼少より儒を伯父戸崎淡淵に、医を父に学ぶ。京都に上り、山脇東洋に古医方、賀川玄迪に産術を学ぶ。のち江戸に住し、御殿医、表医師肝煎となった。書も能くした。著に『叢桂偶記』『医事小言』『砦草』等多数。文政3年(1820)歿、68才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

原南陽 はら-なんよう

1753-1820 江戸時代中期-後期の医師。
宝暦3年6月12日生まれ。京都にでて山脇東門,賀川玄迪(かがわ-げんてき)にまなぶ。のち常陸(ひたち)水戸藩医。わが国最初の軍陣医学書「砦艸(とりでぐさ)」をあらわした。文政3年8月15日死去。68歳。常陸(茨城県)出身。名は昌克。字(あざな)は子柔。通称は玄与。室号は叢桂亭。著作に「叢桂偶記」「叢桂亭医事小言」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

原南陽

没年:文政3.8.15(1820.9.21)
生年:宝暦3.6.12(1753.7.12)
江戸後期の医者。名は昌克,室号は叢桂亭。水戸藩医昌術の子として水戸に生まれる。儒学を伯父戸崎淡淵に,医学を父に学んだのち,京都に赴いて山脇東門,賀川玄迪らに師事して古医方,産術などを学ぶ。安永4(1775)年,帰郷して江戸南町(小石川)に住む。医書の字句,常則に拘泥することなく,臨機応変の治療をすることで知られていた。御側医から,享和2(1802)年には表医師肝煎。軍陣医学書『砦草』のほか『叢桂偶記』『叢桂亭医事小言』『経穴彙解』などの著がある。<参考文献>松田邦夫「『近世漢方医学書集成』18巻解説」

(石田秀実)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

原南陽
はらなんよう

[生]宝暦3(1753).水戸
[没]文政3(1820).8.16. 水戸
江戸時代後期の漢方医。字は子柔,通称玄 璵。水戸藩医の子で,京都の山脇東洋に学び,また賀川流の助産術を学んだのち江戸に出かけたが認められず,しばらくあんま,鍼を生業としているうち,水戸侯の急病を救ってから再び藩医に招かれた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

原南陽
はらなんよう
(1753―1820)

江戸中期の医者。常陸(ひたち)国(茨城県)水戸の人。藩医の家に生まれ、名は昌克、字(あざな)は子柔、南陽は号。京都に出て山脇東洋(やまわきとうよう)に師事、また賀川流産科を修めた。江戸に赴いたが窮乏を極め、あんまや鍼(はり)で糊口(ここう)をしのいでいたが、やがて技量を認められて水戸侯の侍医となった。著書に『叢桂偶記』『医事小言』など多くあるが、『経穴彙解(けいけついかい)』は鍼灸(しんきゅう)のつぼについて述べたもの、また『砦草(とりでぐさ)』は軍陣衛生や飲食・飲水についての諸注意、救急法などを内容とする日本の軍陣医学書の最初のものである。[内田 謙]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

原南陽の関連キーワード滝沢琴嶺淡海玉潾諦浄三宅錦川岡田芝斎山脇元沖亀田厳楽吉益贏齋手医者金玉医者

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

原南陽の関連情報