コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

論蔵 ロンゾウ

大辞林 第三版の解説

ろんぞう【論蔵】

〘仏〙 三蔵の一。仏の教えを解釈し、その意味を明らかにした聖典類。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の論蔵の言及

【三蔵】より

…サンスクリットのtripiṭakaの漢訳で,仏教の聖典を経蔵・律蔵・論蔵の3種に分類したときの総称。蔵の原語であるpiṭakaとは,ものを入れる籠のこと。…

【小乗仏教】より

…仏教の創始者釈迦の滅後約100年して(前3世紀半ばアショーカ王の頃と思われる)仏教教団はしだいに20ほどの部派に分裂し,煩瑣にして壮大な論蔵(アビダルマ(阿毘達磨)abhidharma)を打ち立て論争を行った。この時代の仏教を小乗仏教といい,西洋中世のキリスト教のスコラ哲学に比肩される。…

※「論蔵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

論蔵の関連キーワード三蔵(仏教聖典)三蔵(仏教)南伝大蔵経パーリ文学高楠順次郎小乗仏教三蔵法師毘曇宗陀羅尼大蔵経論師仏教経論四蔵論宗存応五蔵仏典

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android