コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寂滅 ジャクメツ

デジタル大辞泉の解説

じゃく‐めつ【寂滅】

[名](スル)《〈梵〉nirvāṇaの訳。音写は涅槃(ねはん)》
仏語。煩悩(ぼんのう)の境地を離れ、悟りの境地に入ること。涅槃。
消滅すること。死ぬこと。
「八十一歳にしてクシナガラという所に―した」〈賢治・ビジテリアン大祭〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じゃくめつ【寂滅】

( 名 ) スル nirvāna〕
〘仏〙 煩悩ぼんのうをすべて打ち消し、真理の智慧ちえを完成させた状態。究極的な悟りの境地。涅槃ねはん
消えてなくなること。また、死ぬこと。 「寸燐マツチは…細い烟りを吐いて、すぐ-した/草枕 漱石

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の寂滅の言及

【涅槃】より

…サンスクリットのニルバーナnirvāṇaをなまった俗語からの音写語と考えられ,そのほか泥洹(ないおん),泥曰(ないおつ),などとも表記される。〈吹き消された〉ことという意味に起源する語で,本来は生命の火が吹き消された状態,すなわち〈死〉を意味するので,滅度(めつど),寂滅(じやくめつ)などと訳された。この語は,仏教では最初釈迦の死を意味したところから,後になって〈迷いの燃えさかる火を完全に消し,悟りに入った境地〉という解釈がつけ加えられた。…

※「寂滅」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

寂滅の関連キーワード寂・弱・惹・若・雀・鵲クシナガラ鐘(楽器)諸行無常偈伊呂波歌寂滅為楽いろは歌通度寺雪山偈涅槃滅相実義滅法入寂半偈

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

寂滅の関連情報