寂滅(読み)ジャクメツ

デジタル大辞泉の解説

じゃく‐めつ【寂滅】

[名](スル)《〈梵〉nirvāṇaの訳。音写は涅槃(ねはん)》
仏語。煩悩(ぼんのう)の境地を離れ、悟りの境地に入ること。涅槃。
消滅すること。死ぬこと。
「八十一歳にしてクシナガラという所に―した」〈賢治・ビジテリアン大祭〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じゃくめつ【寂滅】

( 名 ) スル nirvāna〕
〘仏〙 煩悩ぼんのうをすべて打ち消し、真理の智慧ちえを完成させた状態。究極的な悟りの境地。涅槃ねはん
消えてなくなること。また、死ぬこと。 「寸燐マツチは…細い烟りを吐いて、すぐ-した/草枕 漱石

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

じゃく‐めつ【寂滅】

〘名〙 (nirvāṇa の訳語。涅槃(ねはん)と音訳する)
① 仏語。迷いの世界を離脱している境界。無明、煩悩の境界を離れた悟りの境地。また、その境地にいたること。
※法華義疏(7C前)一「一乗法謂第一寂滅、何則寂滅是不動之謂也。三乗法動於一乗、故非寂滅、今日一乗法、更無遷動、故云寂滅
② 消えてなくなること。ほろびること。死ぬこと。死。
※東帰集(1364頃)観音賛「無心而応世、善悪倶寂滅」
※集義和書(1676頃)一二「前悪を懺悔して後、寂滅をねがはむとするものなり」 〔陳子昂‐感遇詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の寂滅の言及

【涅槃】より

…サンスクリットのニルバーナnirvāṇaをなまった俗語からの音写語と考えられ,そのほか泥洹(ないおん),泥曰(ないおつ),などとも表記される。〈吹き消された〉ことという意味に起源する語で,本来は生命の火が吹き消された状態,すなわち〈死〉を意味するので,滅度(めつど),寂滅(じやくめつ)などと訳された。この語は,仏教では最初釈迦の死を意味したところから,後になって〈迷いの燃えさかる火を完全に消し,悟りに入った境地〉という解釈がつけ加えられた。…

※「寂滅」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

天泣

上空に雲がないにもかかわらず,雨が降る現象。風上にある雲からの雨であったり,雨が降ってくる間に雲が移動したり消えたりする場合などに起こる。天気雨,狐の嫁入りともいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android