コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

経験学派 けいけんがくは

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

経験学派
けいけんがくは

経営学の諸学派の1つで,ドイツ経営学の代表的な学派。学者とその学説は,多かれ少なかれ常に科学哲学ないし方法論,あるいは経験科学理論の基本思考に依拠し,科学としての経営学を第一義に目指すところに大きな特質がある。そしてこの経験学派はさらに理論学派と技術学派ないし応用学派に分けられる。理論学派の代表的な学者としては,M.R.ワイヤーマン,H.シェーニッツ,W.リーガー,E.シェーファー,E.グーテンベルクらが,技術学派では E.シュマーレンバハ,F.ライトナー,E.コジオール,K.ハックスらがあげられる。理論学派はまた価値科学として経営学を考える規範学派の対極をなしている。

経験学派
けいけんがくは

経営学の諸学派の1つで,アメリカ経営学の代表的な学派。 H.クーンツによる学派分類で,その特質は「より深く現実の企業経営現象とコンタクトをもつことを目標とし,現実味あふれる科学を目指す」とされる。たとえばケース・スタディなどの問題に精力的に取組んでいる学者たちで,その代表的研究者として E.デールをあげている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

経験学派の関連キーワード経営経済学

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android