コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

結城寅寿 ゆうき とらじゅ

3件 の用語解説(結城寅寿の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

結城寅寿 ゆうき-とらじゅ

1818-1856 江戸時代後期の武士。
文政元年生まれ。結城晴徳の次男。常陸(ひたち)水戸藩士。御前小姓から若年寄,執政となる。門閥派(結城派)の中心となり,藤田東湖らの改革派と対立。天保(てんぽう)15年藩政の実権をにぎったが,藩主徳川斉昭(なりあき)が復帰すると隠居させられ,安政3年4月25日死罪となった。39歳。名は晴明,朝道。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

結城寅寿

没年:安政3.4.25(1856.5.28)
生年:文政1(1818)
幕末の水戸藩門閥派の巨頭。諱は晴朗,のちに朝道。寅寿と称す。父は結城晴徳。1000石。6歳で家督相続。天保4(1833)年小姓,藩主徳川斉昭に寵愛され,11年に若年寄,同12年に御勝手改正掛,同13年執政。門閥派を代表して執政戸田忠太夫ら改革派と対抗。弘化1(1844)年,斉昭ら改革派が幕府により処罰されたとき,処分されなかった。翌年,大寄合頭並になったが実権を維持。幕府老中首座阿部正弘と徳川斉昭の関係改善に従い,幕命により同4年10月,隠居,家禄500石召し上げ。門閥派の勢力回復を狙って嘉永6(1853)年に密書を藩主徳川慶篤に呈したために幽閉,安政3(1856)年,藩主暗殺未遂のかどで斬罪。

(吉田昌彦)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ゆうきとらじゅ【結城寅寿】

1818‐56(文政1‐安政3)
幕末期の水戸藩士。諱(いみな)は朝道,寅寿は通称。1824年(文政7)家禄1000石を継ぎ寄合組。40年(天保11)に小姓頭,若年寄。42年執政。このころから派閥を形成して藤田東湖ら藩政改革派と対立。44年(弘化1)藩主徳川斉昭が致仕すると,保守門閥派の中心人物として藩政の実権を握った。しかし改革派の反撃にあい47年に隠居,のち53年(嘉永6)長倉陣屋に幽閉され,56年死罪に処せられた。【鈴木 暎一】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

結城寅寿の関連キーワード萩谷遷喬大関増美岡田新太郎小幡友七郎日下部裕之進谷鉄蔵床井荘三西宮秀松平頼徳山内豊誉

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone