絞罪(読み)こうざい

精選版 日本国語大辞典「絞罪」の解説

こう‐ざい カウ‥【絞罪】

〘名〙 首を絞めて生命を絶つ刑。また、それにあたる犯罪。しばりくび。絞首刑。きょうざい。〔律(718)〕
※或阿呆の一生(1927)〈芥川龍之介〉四六「絞罪(カウザイ)を待ってゐるヴィヨンの姿は」 〔左氏会箋‐哀公二年〕

きょう‐ざい ケウ‥【絞罪】

※法曹至要抄(1210頃)上「絞罪 キャウざい 贖銅二百斤」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の絞罪の言及

【斬罪】より

…斬とは,いうまでもなく殺すのに刃物を用いる方法だが,この区別が現れるのは7世紀半ばといわれ,《日本書紀》大化5年(649)3月条の,蘇我倉山田麻呂(石川麻呂)が反乱の疑いで誅された記事では,〈大臣(おおおみ)の頭(くび)を斬らしむ〉と〈絞(くび)らるる者〉というように,表現が使い分けられている。 中世に入ると絞罪は行われず,斬罪すなわち斬首刑が死刑の基本刑となった。鎌倉幕府は1232年(貞永1)制定の《御成敗式目》において,謀叛,殺害,夜討,強盗,山賊,海賊,放火を大犯,重科とよんで斬罪(断罪ともいう)と定め,1250年ころ(建長ころ)の追加法で人勾引(ひとかどい)(誘拐),人売も斬罪の範囲に含めた。…

※「絞罪」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android