絨毯爆撃(読み)じゅうたんばくげき(英語表記)carpet bombing

翻訳|carpet bombing

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

絨毯爆撃
じゅうたんばくげき
carpet bombing

集中爆撃,飽和爆撃ともいわれる航空爆撃法の一つ。大編隊を組んだ大型爆撃機が絨毯を敷くように目標一帯に一斉に投弾しながら通過することから,こう呼ばれる。第2次世界大戦中の 1942年5月 30日の真夜中から 31日にかけて,イギリス空軍がケルン市を空襲した際,この方法が初めて採用され,1000機の爆撃機で爆弾 2000tを 90分で投下した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

じゅうたんばくげき【絨毯爆撃】

絨緞を敷きつめるように、一定の地域をくまなく徹底的に爆撃すること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

絨毯爆撃の関連情報