コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

統合体系 とうごうたいけいintegration system

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

統合体系
とうごうたいけい
integration system

人間の生活の総体を一つの体系として斉一的に把握する概念。 P.A.ソローキンは全体系を論理的,有意味的に統一された体系 (文化体系 ) と機能的相互作用の体系 (社会体系 ) に区分し,こののち文化人類学者は前者の立場から,社会学者は後者の立場によりながら研究を展開し,現在はこの2つの流れが併存している。 (→統合 )

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

統合体系の関連情報