コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

絵入り浄瑠璃本 エイリジョウルリボン

大辞林 第三版の解説

えいりじょうるりぼん【絵入り浄瑠璃本】

寛永(1624~1644)から享保(1716~1736)初年頃までの間に刊行された挿絵入りの古浄瑠璃本。細かい字で書かれ、細字本・虱本しらみぼんなどと呼ばれる。絵入り正本。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

絵入り浄瑠璃本の関連キーワード絵入り細字本虱本・蝨本丹緑本金平本享保丸本

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android