コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金平本 きんぴらぼん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

金平本
きんぴらぼん

江戸和泉太夫が語った金平浄瑠璃正本,およびそれを模倣した他の作者の浄瑠璃正本。6段の細字絵入本が多い。江戸版は小本,上方版は大本で,1冊が 10丁ないし 20丁から成り,誇大な怪奇趣味にあふれた挿絵がある。江戸では主として鱗形屋,上方では山本九兵衛と鶴屋喜右衛門により出版された。 (→金平節 )

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

きんぴら‐ぼん【金平本】

金平浄瑠璃の正本(しょうほん)。また、金平浄瑠璃に類似した内容の種々の版本。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

金平本【きんぴらぼん】

金平浄瑠璃の正本が本来の意であるが,広義には古浄瑠璃の正本すべてを呼ぶ。半紙判または美濃紙半切判で,多くの場合稚拙なさし絵がはいっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内の金平本の言及

【本】より

鱗形屋(うろこがたや)は1657年(明暦3)に《花鳥山桜西明寺百首》を出版し,又右衛門らの古浄瑠璃本を引き継いで幕末まで活動した。江戸で最も流行したのは坂田金時の子公平(きんぴら)を主人公とした金平浄瑠璃で,これは鳥居派の絵入本で流布し金平本と呼ばれた。やや遅れて京都で子ども用の赤表紙行成本があり,江戸では小本のお伽噺絵入りの赤本が延宝ころ(1670年代)出版され,享保ころ(1710年代)には年長向きになり黒本といい,やがて青本となり(黒本・青本),安永ころには黄表紙となった。…

※「金平本」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

金平本の関連キーワード絵入り浄瑠璃本金平・公平金平人形

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

金平本の関連情報