コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

丹緑本 たんろくぼん

7件 の用語解説(丹緑本の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

丹緑本
たんろくぼん

江戸時代前期に出版された,御伽草子仮名草子古浄瑠璃などの挿絵に筆で彩色した版本。丹 (赤) ,緑,黄,褐色などで挿絵の一部分に稚拙,粗雑な彩色を加えたもの。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

たんりょく‐ぼん【丹緑本】

たんろくぼん(丹緑本)

たんろく‐ぼん【丹緑本】

江戸時代、寛永(1624~1644)から元禄(1688~1704)ごろに刊行された古浄瑠璃幸若舞曲・仮名草子などの挿絵入り版本。丹(赤)・緑・黄などの色を彩色。えどりぼん。たんりょくぼん。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

たんろくぼん【丹緑本】

江戸時代初期の絵本の一種。絵巻物の流れを汲む奈良絵本は彩色の肉筆絵本であったが,丹緑本は墨刷りの版本に簡単な彩色を施したものをいう。色刷りが未発達であったころに,同じ図柄の絵本を複数製作するために行われたもので,丹絵(たんえ)(浮世絵)と手法を同じくする。初めは赤(丹)だけであったが,加えて緑(緑青(ろくしよう)),黄,藍なども使うようになり,ゆえに丹緑本という。寛永(1624‐44)ころには盛んに行われた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

たんりょくぼん【丹緑本】

たんろくぼん【丹緑本】

江戸時代、寛永(1624~1644)から元禄(1688~1704)年間に刊行された仮名草子・舞の本・浄瑠璃本などのうち、彩色の挿絵のあるものの総称。板本に手描きで彩色してあり、丹(赤色)と緑の両色が最も多く用いられたのでこの名がある。たんりょくぼん。えどりぼん。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

丹緑本
たんろくぼん

書誌用語。江戸時代初期、挿絵に筆で彩色を加えて刊行された絵入りの版本をいう。挿絵に丹(に)、緑、黄など3種ないし4種の色を大まかにつけたもので、内容は『保元(ほうげん)物語』『平治(へいじ)物語』などの軍記物、幸若舞曲(こうわかぶきょく)、御伽草子(おとぎぞうし)、仮名(かな)草子、説経、古浄瑠璃(こじょうるり)などである。西欧の手彩色の刊本に影響されて成立したとする説が有力であるが、なお仏教版画や中国の筆彩本との関係も説かれている。明治に入って「ゑどり本」の名でよばれ、丹緑本の名称の一般化したのは大正末年ごろからである。絵草紙(えぞうし)屋の職人などが着彩したと思われる素朴な彩色は、不思議な魅力をたたえて、愛好者も多い。[神保五彌]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の丹緑本の言及

【丹緑本】より

…江戸時代初期の絵本の一種。絵巻物の流れを汲む奈良絵本は彩色の肉筆絵本であったが,丹緑本は墨刷りの版本に簡単な彩色を施したものをいう。色刷りが未発達であったころに,同じ図柄の絵本を複数製作するために行われたもので,丹絵(たんえ)(浮世絵)と手法を同じくする。…

【浮世絵】より

…一方,そうした古典文学を版刻普及しようとする豪華な嵯峨本とは別に,町の版元による大衆的な読み物,御伽草子や仮名草子の絵入り版本の刊行も,はじめ京都におこり,やがては大坂や江戸にひろがりながら,しだいにさかんとなっていった。それらは墨摺の挿絵が普通であったが,丹と緑,黄などの数色でかんたんに筆彩色された〈丹緑本〉という形式も喜ばれ,文学と絵画の鑑賞を同時に楽しもうとする享受の仕方が,大衆的な次元でも実現されるようになった。
[浮世絵版画の独立]
 江戸における大衆向け絵入り版本の需要は,はじめもっぱら上方版の輸入によってみたされていたが,明暦3年(1657)の大火以後の都市復興の活況の中で,江戸の版元(地本問屋)による版行もさかんとなり,版下絵師も数多く育てられることとなった。…

【本】より

…夏の陣,冬の陣を描いた《大坂物語》が1615年(元和1)に出て以来,新作が仮名草子で発行されるようになったが,ほとんど店名も刊年も入れていない。この中に絵を入れ朱,黄,緑,紫を単純に手彩色したものを丹緑本(たんりよくぼん)といった。作者で有名な人物に浅井了意(《御伽婢子(おとぎぼうこ)》1666)や鈴木正三(《二人比丘尼(びくに)》1664)らがおり,寛永年間に早くから出版を始めた有名な書店としては敦賀屋九兵衛,風月庄左衛門,村上勘兵衛,山本九兵衛,永田調兵衛など名家がある。…

※「丹緑本」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

丹緑本の関連キーワード絵巻源氏物語絵巻詞書絵巻物生々流転図風神雷神図絵本源平絵巻物語橘保国堤等琳(初代)等木

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone