コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

甘木 あまぎ

5件 の用語解説(甘木の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

甘木
あまぎ

福岡県中部,朝倉市北部の旧市域。三郡山地の南麓,筑紫平野の北東部に位置する。筑後川のほか,支流の小石原川,佐田川が流れる。 1954年甘木町,秋月町の2町と安川村,上秋月村,立石村,福田村,馬田村,蜷城村,三奈木村,金川村の8村が合体して市制施行。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

あまぎ【甘木】

福岡県中部にあった市。甘木氏の寄進による安長寺の門前町に始まり、のち宿場町・市場町として栄えた。平成18年(2006)3月、杷木(はき)町・朝倉町と合併して朝倉市となる。→朝倉

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

あまぎ【甘木】

福岡県中部、朝倉市の地名。近世、豊後街道の宿場町・市場町として発展。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

甘木
あまぎ

福岡県中部にあった旧市名(甘木市)。現在は朝倉(あさくら)市の北部・西部・中央部を占める。旧甘木市は1954年(昭和29)甘木、秋月(あきづき)の2町を中心に、上秋月、安川(やすかわ)、馬田(まだ)、蜷城(になしろ)、立石(たていし)、福田、三奈木(みなぎ)、金川(かながわ)の8村が合併して市制施行。1955年高木村を編入。2006年(平成18)朝倉郡朝倉町、杷木(はき)町と合併し朝倉市となった。旧甘木市域の北部は古処山(こしょざん)(860メートル)を中心とする三郡(さんぐん)山地の南部山地が展開、南部は小石原(こいしわら)、佐田両河川の扇状地と、それに続く筑後(ちくご)川右岸の沖積平野が広がる。甘木鉄道、西日本鉄道甘木線が、中心集落である甘木に通じ、国道386号と322号が交差する交通上の要地である。大分自動車道甘木インターチェンジがある。小石原川沿いに国道500号が走る。中心部の甘木は、甘木山安長(あんちょう)寺の門前町として生まれ、江戸時代には日田(ひた)街道(豊後街道)の宿場町、九斎市(きゅうさいいち)の市場町として栄え、明治以降も朝倉郡の中心であった。北部の秋月は、福岡藩の支藩が置かれた城下町である。産業は稲作を中心とした農業が盛んで、野菜(ネギ、キャベツなど)作や、果樹(ブドウ、ナシなど)栽培のほか、酪農、苗木生産も行われている。近年は繊維、染色、木工家具工業のほか、ビール工場やゴム工場の進出もみられ、内陸工業化が進行している。特別天然記念物のツゲ原始林で有名な古処山をはじめ、サクラとツツジの名所甘木公園、秋月城跡と町並み(1998年に重要伝統的建造物群保存地区に指定)、安長寺、江川(えがわ)ダムなど観光要素が多い。2001年には国指定史跡平塚川添(ひらづかかわぞえ)遺跡の史跡公園が開園した。[石黒正紀]
『『甘木市史』全2冊(1981、1982・甘木市)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

甘木の関連情報