コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

絶する ゼッスル

デジタル大辞泉の解説

ぜっ・する【絶する】

[動サ変][文]ぜっ・す[サ変]
(「…に絶する」「…を絶する」の形で)他とかけ離れる。こえる。「古今に―・する名作」「想像を―・する」
断つ。絶える。「音信を―・する」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ぜっする【絶する】

( 動サ変 ) [文] サ変 ぜつ・す
たえる。なくなる。つきる。 「書信ヲ-・スル/日葡」
はるかに超える。かけ離れる。 「想像を-・する」 「言語に-・する」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

絶するの関連キーワードビトリア(Francisco de Vitoria)スコット(Robert Falcon Scott)メルビル(Herman Melville)保元物語(ほうげんものがたり)ペリー・ローダン・シリーズ藤田スケール(トルネード)ロバート・F. スコットハワイボルケーノ国立公園宇宙船ビーグル号の冒険ビリエ・ド・リラダンカーブースの書赤十字と核兵器余計な御世話アプレゲール大鳥井山遺跡カプサイシン言語に絶するサテュリコンボネガット海底二万里

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

絶するの関連情報