コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

極める/窮める/究める キワメル

1件 の用語解説(極める/窮める/究めるの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

きわ・める〔きはめる〕【極める/窮める/究める】

[動マ下一][文]きは・む[マ下二]
(極める)これより先はないというところまで行き着く。「富士山頂を―・める」「頂点を―・める」
(極める・窮める)極点に達した状態になる。この上もない程度までそうなる。「ぜいたくを―・める」「困難を―・める」
(極める)残るところなく尽くす。「口を―・めてほめる」「理を―・めて言う」
(究める・窮める)深く研究して、すっかり明らかにする。「真理を―・める」「道を―・める」
終わらせる。
「この渚に命をば―・めむ」〈・明石〉
決める。定める。
「何(いづ)れも様、これに―・めさせられまするか」〈虎寛狂・鬮罪人
きわまる」に同じ。
「数ふるも三冬の後の冬なればいとど寒さの―・めゆくかな」〈新撰六帖・一〉

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone