コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

極める/窮める/究める キワメル

デジタル大辞泉の解説

きわ・める〔きはめる〕【極める/窮める/究める】

[動マ下一][文]きは・む[マ下二]
(極める)これより先はないというところまで行き着く。「富士山頂を―・める」「頂点を―・める」
(極める・窮める)極点に達した状態になる。この上もない程度までそうなる。「ぜいたくを―・める」「困難を―・める」
(極める)残るところなく尽くす。「口を―・めてほめる」「理を―・めて言う」
(究める・窮める)深く研究して、すっかり明らかにする。「真理を―・める」「道を―・める」
終わらせる。
「この渚に命をば―・めむ」〈・明石〉
決める。定める。
「何(いづ)れも様、これに―・めさせられまするか」〈虎寛狂・鬮罪人
きわまる」に同じ。
「数ふるも三冬の後の冬なればいとど寒さの―・めゆくかな」〈新撰六帖・一〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

極める/窮める/究めるの関連キーワードリバース・インディアン・デスロックチキンウィング・フェイス・ロックチキン・ウィング・アーム・ロックドラゴン・スリーパー・ホールドクリップラー・クロス・フェイステキサス・クローバー・ホールドスピニング・トー・ホールドストレート・アーム・バーインディアン・デスロックオクトパス・ホールドシャープシューターアナコンダ・バイスコブラ・クラッチアンクル・ロックコブラ・ツイストリスト・ロックアームロック足4の字固め限りを尽くすキーロック

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android