絶境(読み)ゼッキョウ

大辞林 第三版の解説

ぜっきょう【絶境】

人里から遠く隔たった土地。人跡未踏の地。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ぜっ‐きょう ‥キャウ【絶境】

〘名〙
人里を遠く離れた所。人の住みついていない場所。遠隔の地。
※続日本紀‐養老三年(719)一一月乙卯「道慈法師。遠渉蒼波。覈異聞於絶境。遐遊赤県
※蕉堅藁(1403)送古心蔵主帰天草旧隠「此日送君帰絶境、青鞋布襪興飄然」 〔陶潜‐桃花源記〕
② きわめて景色のよい場所。勝の地。
※垂加文集(1714‐24)一「擺山市之晴嵐兮、八景之観也、無窮之興也、実東域之絶境、可近州之琵琶湖共鳴者也」
③ 絶妙の境地。玄妙な境地。〔任昉‐王文憲集序〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

口永良部島

鹿児島県南部,大隅諸島,屋久島の北西約 12kmにある火山島。活火山で,常時観測火山。屋久島町に属する。霧島火山帯に属し,西に番屋ヶ峰(291m),東に最高点の古岳(657m)と新岳(626m)があり...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android