絶勝(読み)ぜっしょう

精選版 日本国語大辞典「絶勝」の解説

ぜっ‐しょう【絶勝】

〘名〙
① きわめてすぐれていること。最もたちまさっていること。
※俳諧・宇陀法師(1702)誹諧撰集法「猶の句、撰集に出すべからず。世上の眼届がたし」 〔墨子‐経説・上〕
② きわめて地勢のよい土地。また、きわめて景色のすぐれた地。
※宝覚真空禅師録(1346)乾・道号・香城「鼻尖頭上封疆濶、絶勝防壁塁完」
※日本風景論(1894)〈志賀重昂〉四「其の絶勝北海道第一の称ある阿寒湖」 〔韓愈早春呈水部張十八員外

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「絶勝」の解説

【絶勝】ぜつしよう

絶景の地。〔早春~〕詩 最も是れ一年、春好き處 に滿つ

字通「絶」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android