コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桃花源記 とうかげんきTao-hua-yuan-ji

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

桃花源記
とうかげんき
Tao-hua-yuan-ji

中国,東晋末~宋初の詩人陶淵明散文作品。武陵 (湖南省) の漁夫が舟に乗って道に迷い,桃の林のなかを行くうちに異境に達したが,それは秦の頃,戦乱の世を逃れてきて,外界との接触を絶っている人々の村であったという。「桃源境」という語の由来ともなり,古代ユートピア思想の一典型として,後代に大きな影響を与えた。もと『桃花源詩』という五言詩につけられたであるが,陶淵明の著とされていた志怪小説集『捜神後記』にも収められており,この時代の散文文学の傑作の一つ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

とうかげんき〔タウクワゲンキ〕【桃花源記】

中国の伝奇小説。東晋の陶淵明作。桃の花の林に迷い込んだ武陵(ぶりょう)の漁師が、外の世界と隔絶した平和で豊かな村を見つけるが、もう一度行こうとして果たせなかった物語。「桃源郷」の語のもととなった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

とうかげんき【桃花源記】

中国の伝奇的散文。東晋の陶淵明とうえんめいの作。道に迷った武陵の漁夫が、桃林の奥に秦の乱を避けた者の子孫が世の変遷も知らずに平和に暮らしている仙境を見いだしたという話。老子の小国寡民かみんのユートピア思想を描く。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

桃花源記
とうかげんき

中国、東晋(とうしん)の陶潜(とうせん)の著した物語。陶潜の編になるという『捜神後記(そうじんこうき)』に収められている。東晋の太元(たいげん)年間に、武陵(ぶりょう)の漁師が桃の花の林に踏み迷い、洞穴(ほらあな)を抜けて不思議な村里へ出る。村人たちは、先祖が秦(しん)の始皇帝の圧政を逃れてここへきてより、外の世界と隔絶して平和に暮らしているのであった。漁師はしるしをつけながら帰り、太守に注進する。太守は漁師に案内させて探索させたが、しるしは消えていて、ついに尋ね当てることができなかった、という筋(すじ)である。これに似た話はほかにもあり、当時このような説話(仙郷淹留(えんりゅう)説話という)がはやっていたのだろう。なお、この物語より、理想郷を称して「桃源郷(境)」とする語が生まれた。[石川忠久]
『佐藤保他訳『中国の古典26 古文真宝』(1984・学習研究社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

桃花源記の関連キーワード陶淵明・陶渕明鶏犬相聞こゆ続浦島子伝記村雲大樸子武陵桃源小国寡民桃林桃源常徳陶潜