絶色(読み)ゼッショク

デジタル大辞泉の解説

ぜっ‐しょく【絶色】

[名・形動ナリ]非常にすぐれた容姿。また、そのさま。
「菊之丞が―なる事、兼てよりかくれなければ」〈根無草

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぜっしょく【絶色】

( 名 ・形動ナリ )
たぐいまれな容色である・こと(さま)。 「菊之丞が-なる事、兼てよりかくれなければ/滑稽本・根南志具佐」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ぜっ‐しょく【絶色】

〘名〙 (形動) 比べるもののないほどの、すぐれた容色。他にぬきんでた、すばらしい色合や姿。また、そのさま。
※両足院本山谷抄(1500頃)一「美女の絶色ある様なぞ」
※花柳春話(1878‐79)〈織田純一郎訳〉一「吾れ猶年少(わか)ふして彼頗る絶色(ゼッショク)」 〔侍児小名録〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android