コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

絶色 ゼッショク

デジタル大辞泉の解説

ぜっ‐しょく【絶色】

[名・形動ナリ]非常にすぐれた容姿。また、そのさま。
「菊之丞が―なる事、兼てよりかくれなければ」〈根無草

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぜっしょく【絶色】

( 名 ・形動ナリ )
たぐいまれな容色である・こと(さま)。 「菊之丞が-なる事、兼てよりかくれなければ/滑稽本・根南志具佐」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

絶色の関連キーワード滑稽本容色

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android