コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

続文献通考 ぞくぶんけんつこうXu-wen-xian tong-kao; Hsü-wên-hsien t`ung-k`ao

1件 の用語解説(続文献通考の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

続文献通考
ぞくぶんけんつこう
Xu-wen-xian tong-kao; Hsü-wên-hsien t`ung-k`ao

中国の政書。明の王圻 (おうき) 撰。 254巻。万暦 14 (1586) 年に成る。馬端臨の『文献通考』のあとをうけ,南宋末から,元を経て明の万暦初年までの記事を含む。本書は『文献通考』とだいたい同じ目次に分けられているが,「節義考」など若干の項目を増補している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

続文献通考の関連キーワード善管注意義務/忠実義務リンクローカルアドレス公訴時効破産免責富士見(市)ふじみ野(市)パンデミック東京モーターショーiBeaconオンラインゲーム

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone