富士見(読み)ふじみ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

富士見
ふじみ

群馬県中東部,前橋市北部の旧村域。赤城山山頂部から南西麓を占める。1889年村制。2009年前橋市に編入。酪農のほか,ホウレンソウダイコンなどの野菜栽培が行なわれる。横室の大カヤは国指定天然記念物。赤城山の山頂付近一帯は赤城県立公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ふじみ【富士見】

富士山を観望すること。また、それに都合のよい所。 「 -台」 「 -橋」

ふじみ【富士見】

埼玉県中南部、荒川西岸の市。近郊農村であったが、住宅地・工業地として発展。
長野県中東部、諏訪すわ郡の町。釜無川上流域、八ヶ岳南西麓を占め、高冷地農業を行う。別荘地開発が進む。
群馬県中部、勢多せた郡の村。赤城山の山頂から南西斜面を占め、山頂へ赤城道路がのびる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

富士見
ふじみ

群馬県中東部、勢多(せた)郡にあった旧村名(富士見村(むら))。2009年(平成21)前橋(まえばし)市に編入。旧村域は赤城(あかぎ)山の山頂を含む南西斜面を占め、現在は前橋市の北西部にあたる地域。国道353号が通じる。富士見の名は高位斜面から富士山が見えることによる。からっ風が強く、民家は樫(かし)や竹の屋敷林に守られ、協同で生垣(いけがき)をつくる「くねゆい」の風習がある。酪農、養豚、野菜栽培の盛んな地域で、高位斜面に第二次世界大戦後開かれた開拓地もある。中心集落は田島。小暮(こぐれ)に県立畜産試験場と馬事公苑(こうえん)、新坂平(しんさかだいら)に白樺(しらかば)牧場があり、赤城道路で山頂の大沼(おの)湖畔のビジターセンター(覚満淵(かくまんぶち))までバスが通じる。赤城山、大沼周辺は県立赤城公園に指定されている。国立赤城青少年交流の家もある。[村木定雄]
『『富士見村制百年のあゆみ』(1989・富士見村)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

富士見の関連情報