コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

続縄文土器 ぞくじょうもんどき

世界大百科事典 第2版の解説

ぞくじょうもんどき【続縄文土器】

北海道地方を中心に,縄文時代のあとに続いて使用されていた土器。この土器の後に擦文土器が成立する。初期にはほぼ全道的に,少量ながらも突瘤文のみられる兜野式,琴似式,大狩部式,興津(おこつ)式などの土器が分布する。次いで道南を中心に沈線文のある恵山式,道東・道北地方を中心に縄線文,突瘤文,貼付文のある前北式系統の土器が分布し,さらに道央部で貼付文の発達する後北式が成立すると,次第に地域色が失われ,ほぼ後北C1式の時期には全道的に一様となる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ぞくじょうもんどき【続縄文土器】

主に北海道において、本州の弥生・古墳時代にあたる時期に、在来の縄文土器に弥生土器の影響が加わって作られた土器。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

続縄文土器
ぞくじょうもんどき

続縄文文化」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

続縄文土器の関連キーワードモヨロ貝塚植別川遺跡弥生土器古墳時代北斗遺跡縄文土器本州在来

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android