コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

擦文土器 さつもんどき

4件 の用語解説(擦文土器の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

擦文土器
さつもんどき

北海道,東北地方北部に分布する鉄器時代土器。器面全体に擦痕文がみられるのでこの名がある。発生は8~9世紀とされ,奈良・平安時代における大和朝廷の北進によってもたらされた土師器 (はじき) が土着の続縄文土器と接触したものと考えられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

擦文土器【さつもんどき】

北海道,東北地方北部に分布する土器。奈良時代から平安時代にかけて作られた。多くは器面全体に刷毛目(はけめ)様の擦文を有するが,無文のもの,刻線文をもつものも含む。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

さつもんどき【擦文土器】

北海道で使用された最後の土器。製法,器形に東北地方の土師器(はじき)の影響が強くみられる。器面内外に木製の篦(へら)状工具による擦痕,あるいは刷毛目痕がつけられているところから,この名称がある。製作時の器面調整痕である。平口縁,平底で,横走沈線,山形,格子目などの直線的沈線を組み合わせ幾何学的文様を特色としている。その文様帯の上下や口縁にくさび状の刻点列がつけられることも多い。器形は深鉢の甕を主体に,浅鉢の杯や高杯もみられ,また末期には例は少ないが,内耳鉄鍋を模したとみられる内耳土鍋(炎が弦に当たらないように内面に吊り耳をつけた鍋)があらわれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

さつもんどき【擦文土器】

八~一三世紀頃、北海道で製作・使用された土器。器面全体に刷毛目はけめ様の擦痕さつこんがある。本州の土師器はじきの影響を受けている。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

擦文土器の関連キーワード大越瓦器続縄文土器土師器隆起線文土器小太刀生活用水神の最後の土地北海道で製造された北海道特選3.8牛乳北海道フリーパス

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone