コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

擦文土器 さつもんどき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

擦文土器
さつもんどき

北海道,東北地方北部に分布する鉄器時代土器。器面全体に擦痕文がみられるのでこの名がある。発生は8~9世紀とされ,奈良・平安時代における大和朝廷北進によってもたらされた土師器 (はじき) が土着続縄文土器と接触したものと考えられる。比較的小型の甕,鉢,高坏形土器が多く,文様は擦痕文と,その上に鋭いで描いた平行線文,交差線文が主で,貼付文もある。その編年は現在のところ十分ではなく,終末年代も鎌倉~江戸時代説まであり,確定できないが,鎌倉時代と考えるのが妥当であろう。伴出遺物は,石器骨角器,金属器,紡錘車などで,竪穴住居にはかまどがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

擦文土器【さつもんどき】

北海道,東北地方北部に分布する土器。奈良時代から平安時代にかけて作られた。多くは器面全体に刷毛目(はけめ)様の擦文を有するが,無文のもの,刻線文をもつものも含む。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

さつもんどき【擦文土器】

北海道で使用された最後の土器。製法,器形に東北地方の土師器(はじき)の影響が強くみられる。器面内外に木製の篦(へら)状工具による擦痕,あるいは刷毛目痕がつけられているところから,この名称がある。製作時の器面調整痕である。平口縁,平底で,横走沈線,山形,格子目などの直線的沈線を組み合わせた幾何学的文様を特色としている。その文様帯の上下や口縁にくさび状の刻点列がつけられることも多い。器形は深鉢の甕を主体に,浅鉢の杯や高杯もみられ,また末期には例は少ないが,内耳鉄鍋を模したとみられる内耳土鍋(炎が弦に当たらないように内面に吊り耳をつけた鍋)があらわれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

さつもんどき【擦文土器】

八~一三世紀頃、北海道で製作・使用された土器。器面全体に刷毛目はけめ様の擦痕さつこんがある。本州の土師器はじきの影響を受けている。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

擦文土器の関連キーワードウサクマイ遺跡群西月ヶ岡遺跡モヨロ貝塚常呂遺跡群続縄文文化蓬田(村)擦文文化内耳土器本州

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android