コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

続縄文文化 ぞくじょうもんぶんか

5件 の用語解説(続縄文文化の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

続縄文文化
ぞくじょうもんぶんか

北海道,東北地方北部の金属器文化。弥生・古墳文化に並行するものとされるが,寒冷な気候のため,依然として稲作を行わず,金属器の存在が確認されているが,石器,骨角器が基本的利器で,縄文土器の影響を強く残す続縄文土器を使用し,狩猟,漁労の段階にある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ぞく‐じょうもんぶんか〔‐ジヨウモンブンクワ〕【続縄文文化】

本州の弥生時代から古墳時代にかけての、北海道の文化。縄文文化と同様、食料採集を基盤としていたのでこの名がある。のち、擦文(さつもん)文化に移行。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ぞくじょうもんぶんか【続縄文文化】

縄文文化に続く北海道地方を中心とする文化。本州の縄文文化が弥生文化へと移行する一方で,北海道地方を中心に,縄文文化の伝統を濃く残した文化が続くと考えられ,それに〈続縄文〉という名が与えられた。この文化の内容は,近年になって土器の編年序列がほぼ判明したが,なお究明すべき点が多い。現在,時期的に東北地方の弥生文化に相当する前期と,同じく古墳文化に相当する後期とに大きく分けられる。前期の文化は大まかに道南を中心とする恵山式土器を伴うものと,道央・道東・道北でそれぞれ若干の地域色を示しながらも前北式から後北式にかけての土器を伴う一群とに大きく二分される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ぞくじょうもんぶんか【続縄文文化】

主に北海道において、縄文文化に後続する、本州の弥生・古墳時代の時期に並行する文化。続縄文土器・石器を使う狩猟・漁労の文化。擦文文化に先行する。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

続縄文文化
ぞくじょうもんぶんか

縄文晩期以降、本州の弥生(やよい)・古墳文化と並行する時期に北海道を中心として北日本独特の風土のなかで展開された土器文化。本州が水稲農耕社会に移行したとき、この地域では地理的条件と文化的伝統から、引き続き縄文的色彩を強くとどめたこの文化が形成された。相変わらず猟漁、採集を経済基盤とし、日常の利器として石器、骨角器を盛用し、土器は縄文で飾られた。道南部の大洞(おおぼら)式系土器文化を母胎に東北地方の弥生文化の影響のもとで成立した恵山(えさん)式土器文化や、道央の、より北海道的な江別(えべつ)(後北(こうほく))式土器文化など、地域により複数の系列がある。
 恵山式は刻線文と縞(しま)・帯(おび)状縄文、江別式では前半に擬縄貼付文(ぎじょうてんぷもん)が、後半に楔形刺突文(くさびがたしとつもん)と縞・帯状縄文とが特徴的だが、やがて素文化する。石器では打製両面加工の石ナイフが共通するが、石鏃(せきぞく)の形態は対照的である。骨角器はとくに恵山式に豊富で、とりわけ銛(もり)が発達する。金属器もすでに存在したらしい。住居は竪穴(たてあな)式で、恵山式は円形、江別式には舌状張出(ぜつじょうはりだし)部をもつ例が多い。墓制は平面が円・楕円(だえん)形の土壙墓(どこうぼ)で屈葬。恵山式は北西、江別式では南東頭位が多い。江別式後半の文化は道南から東北地方にも及ぶ。またこの段階で土師器(はじき)の文化と接触し、過渡的折衷文化たる北大式を経て擦文(さつもん)土器文化へと移行する。続縄文文化期こそは、その後、稲作農耕社会の中央日本に対し、北日本地域が独特の歴史過程をたどることになる、そもそもの出発点となった時期である。[菊池徹夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

続縄文文化の関連情報