コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

綢繆 チュウビュウ

デジタル大辞泉の解説

ちゅう‐びゅう〔チウビウ〕【××繆】

まつわりつくこと。また、糸などをからめて結ぶこと。
「未だ陰雨せざるに牖戸を―せしめよと」〈東海散士佳人之奇遇
むつみあうこと。なれしたしむこと。
「其物語中にも男女―の場の如きは」〈魯庵社会百面相

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちゅうびゅう【綢繆】

( 名 ) スル
まといつくこと。からみもつれること。また、むすびつけること。 「市街に面せる窓をすら一々-したりしかば/緑簑談 南翠
むつみ合うこと。なれ親しむこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

綢繆の関連キーワード独立宣言書畳韻星期市街南翠

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android