コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

維持用水 いじようすい

1件 の用語解説(維持用水の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

いじようすい【維持用水】

日本の河川は流量変動が激しく,渇水時には流水量が非常に少なくなる。こうした渇水時に,発電用水農業用水工業用水,都市用水などの各種利水が取水してしまうと,河川に流水が残されない場合がしばしば出現する。維持用水は,各種利水が取水したあとでも,渇水時に河川に最低確保されるべきであるとして定められた流水量である。その決定方法は,河川の数ヵ所に計画基準点を設け,10年に1度発生する程度の渇水を対象に,舟運,漁業,景観,塩害の防止,河口閉塞の防止,河川管理施設の保護,地下水位の維持,動植物の保存,流水の清潔の保持などを総合的に考慮して定められる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

維持用水の関連キーワード感潮河川貯水池遊水池幼年期地形荒れ河況係数河川敷渇水どうどう滾つ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

維持用水の関連情報