コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

網様体 モウヨウタイ

大辞林 第三版の解説

もうようたい【網様体】

中脳から延髄にかけての部分を占める、特殊な構造をした神経細胞と神経繊維の集団。呼吸・血圧の調節のほか、意識や注意力を保つ上で重要なはたらきをする。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の網様体の言及

【脳幹網様体】より

…単に網様体reticular formationということもある。脳幹被蓋の上方から下方にかけて存在する一連の構造で,網目状に複雑に走る神経繊維網と,その間に散在する神経細胞の集団からできている。…

※「網様体」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

網様体の関連キーワード脳、脊髄、神経のしくみとはたらきD.B. リンズレイH.W. マグーンアミトリプチリン血管運動中枢ピラビタール精神電気反射イミプラミン大脳生理学中枢神経系バーライン脳幹網様体血管運動マグーン平衡障害神経細胞覚醒反応随意運動錐体外路呼吸中枢

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

網様体の関連情報