網様体(読み)モウヨウタイ

大辞林 第三版の解説

もうようたい【網様体】

中脳から延髄にかけての部分を占める、特殊な構造をした神経細胞と神経繊維の集団。呼吸・血圧の調節のほか、意識や注意力を保つ上で重要なはたらきをする。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

もうよう‐たい マウヤウ‥【網様体】

〘名〙 中脳から延髄にかけての広い範囲を占める特殊な構造の部分。神経繊維の網に、神経細胞が点在し、呼吸・血圧などの中枢がある。めざめや注意力、意識の維持などに重要な働きをする。〔薬の効用(1964)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の網様体の言及

【脳幹網様体】より

…単に網様体reticular formationということもある。脳幹被蓋の上方から下方にかけて存在する一連の構造で,網目状に複雑に走る神経繊維網と,その間に散在する神経細胞の集団からできている。…

※「網様体」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android