コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中脳 ちゅうのう mesencephalon

6件 の用語解説(中脳の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中脳
ちゅうのう
mesencephalon

大脳の一部。管状で,間脳,橋および延髄とともに脳幹を形成する。中腔は狭く中脳水道という。上は視床および視床下部に,下は網様体に連絡する神経細胞群がある。背面天井に視蓋と呼ぶ1対の隆起 (上丘) が,背面尾部にも1対の隆起 (下丘) がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ちゅう‐のう〔‐ナウ〕【中脳】

脊椎動物の脳の一部。間脳の後方、小脳橋(きょう)の上方にある。中脳蓋(がい)と大脳脚とに分かれ、間を中脳水道が通る。中脳蓋は上下二対の隆起をなすので四丘体(しきゅうたい)ともよばれ、上丘は視覚に、下丘は聴覚に関係。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

中脳【ちゅうのう】

脊椎動物の脳の一部で,間脳の後方,小脳および橋(きょう)の上方にある部分。下等動物では中枢としての機能を果たすが,高等になるほど,その機能は大脳に移り,中脳は小さくなる
→関連項目大脳脳幹

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ちゅうのう【中脳 midbrain】

中脳は脳幹の一部で,上は間脳に,下は橋に続く。脊椎動物一般にみられ,下等な動物では種々の中枢としての機能をもつが,動物が高等になるにつれて,それらの機能が間脳や大脳に移るために,脳全体に対する中脳の大きさは,高等になるほど小さくなる傾向がある。中脳は,ヒトでは著しく発達した大脳半球におおわれているので,自然のままでは,背面からも側面からもまったく認めることができず,腹面で大脳脚の一部をみうるにすぎない(以下,ヒトの中脳について述べる)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ちゅうのう【中脳】

脊椎動物の脳の一部。間脳の後方、小脳や橋の前方に位置する。哺乳類では背面の上下左右に丸みのある高まりがあり、上は視覚に、下は聴覚に関係する。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中脳
ちゅうのう

中枢神経系(脳脊髄(のうせきずい))の脳幹の一部で、上方は間脳、下方は後脳(橋(きょう)と小脳)につながる。脳幹のうちでは、あまり発育していない部分であるが、重要な部位である。脳幹の中心部よりやや背側(はいそく)には、中脳水道(シルビウス水道ともよぶ細い中腔(ちゅうくう)の管)が貫通している。この上方は第三脳室、下方は第四脳室に通じている。中脳水道より背側を中脳蓋(がい)とよび、前後左右4個の隆起が、ちょうど椀(わん)を伏せた状態で突出している。このうち、前方の2個を上丘(じょうきゅう)、後方の2個を下丘とよび、全体を四丘体(しきゅうたい)ともいう。上丘には視神経の一部がきており、視覚の複雑な反射機能に関与していると考えられる。下丘には聴覚の神経路がきており、聴覚反射に関係するほか、音源の位置を判断するときに重要な役割をしていると考えられる。下等脊椎(せきつい)動物では、上丘が視覚の中枢にあたり、視蓋とよばれる。中脳水道より腹側は広義の大脳脚で、そのうち、背側部分を中脳被蓋、中脳被蓋から両側腹側に突出した部分を狭義の大脳脚とよぶ。中脳被蓋には滑車神経や動眼神経の起始核があり、不随意運動に関係する赤核(せきかく)、意識の機序(メカニズム)に関係する網様体、また、脊髄から大脳半球に上行する神経路などがある。中脳被蓋と狭義の大脳脚との境の部分には、不随意運動に関係する黒質(こくしつ)がある。黒質の傷害はパーキンソン症候群に関係があると考えられている。なお、大脳脚(狭義)には、大脳皮質から下行する運動に関係する神経路(錐体路(すいたいろ)、錐体外路)がある。[嶋井和世]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の中脳の言及

【脳】より

…脊髄管がその後も原形を比較的よく保ちながら脊髄に分化,発育するのに対して,脳管は胎児の成長につれて複雑に変形する。まず脳管は前脳胞,中脳胞,菱脳(りようのう)胞の三つの膨らみ(脳胞brain vesicle)に区分されるが,さらに前脳胞は終脳胞と間脳胞に,菱脳胞は後脳胞と髄脳胞に区分される。このように脳管が五つの脳胞から成立する時期は,ヒトでは胎生5週である。…

※「中脳」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

中脳の関連キーワード延髄後脳三叉神経神経分泌前脳脳幹脳神経大脳基底核脳幹網様体脳死と植物状態

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

中脳の関連情報