綾つ子(読み)あやつこ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

綾つ子
あやつこ

ヤスコともいう。生児が外出をするとき、いまでは宮参りの際が多いが、魔除(まよ)けのしるしとして額に鍋(なべ)墨をつける。これがヤスコで、江戸時代にすでに行われていた。高貴の家では阿也都古(あやつこ)とよんで犬の字を書いたことが、すでに康和(こうわ)年間(1099~1104)の公家(くげ)の日記にみえている。犬という漢字を使うのはごく一部の人で、一般には鍋墨で×字を記したり、単に「ゝ」をつけたにすぎなかったようで、現在でもこの風が残っている所がある。初宮参りの帰途、立ち寄った家で、クライボシといって男ならば墨、女ならば紅でしるしをつけてくれる地方もあり、生児ではないが祭礼に参加する子供の額にもこのヤスコがみられる。すなわち、嬰児(えいじ)の場合は家の神である火の神の、祭礼のときは祭神の管理下にあることを表すしるしであった。また、子供が夏の水遊びに出かけるときなどは、荒神様(火の神)を拝ませ、そのしるしとして墨をつけてやることも、同じ意味で水の神にとられないよう、つまり水難を免れるためだったのである。[丸山久子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android