コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

綿馬根 めんまこんaspidium; male fern

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

綿馬根
めんまこん
aspidium; male fern

シダ植物のオシダDryopterisのいくつかの種の根や鱗片を除いた根茎や葉柄の太いところを乾燥したもので,生薬の一種。古くからサナダムシ (条虫) の駆除薬として用いられた。虫体の平滑筋を麻痺させることによる。抽出液の主成分はフィリシン酸を基礎骨格とした物質で,生薬にする場合,粗フィリシンを 1.5%以上含むものとされている。ほかに,十二指腸虫の駆除薬としてメンマエキス (粗フィリシン 24~28%を含む) などもある。しかし,過量に摂取するとけいれん,失明などを招くことがあるため,現在はあまり使用されない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

綿馬根の関連キーワードシダ植物雄羊歯

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android