コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

総合制高等学校 そうごうせいこうとうがっこう

2件 の用語解説(総合制高等学校の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

総合制高等学校
そうごうせいこうとうがっこう

普通課程と職業課程とを併置する高等学校第2次世界大戦後の学制改革により教育の機会均等の観点に基づいて,男女共学制,小学区制とともに採用された。その後,旧制実業学校の伝統を引く職業課程が単独校として独立する傾向が生じ,他方いわゆる進学校を頂点とする高校の系列化が進行する過程で,有力進学校は普通課程のみの高校に再編成され現在にいたっている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

そうごうせいこうとうがっこう【総合制高等学校】

普通科目・職業科目の枠をはずして選択科目を設け、生徒が自らの希望に応じて学習系列を組み履修する教育課程をもつ高校。総合選択制高校。総合高校。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

総合制高等学校の関連キーワード学科課程全日制課程コアカリキュラム工業高等学校商業高等学校尋常高等小学校農業高等学校普通課程予科

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone