コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

総評賃金綱領 そうひょうちんぎんこうりょう

世界大百科事典 第2版の解説

そうひょうちんぎんこうりょう【総評賃金綱領】

1952年の総評第3回大会で決定された賃金闘争の基本的路線を総評賃金綱領と呼ぶ。同綱領は,賃金闘争の基本目標を〈健康にして文化的な生活〉を営みうる水準(1952年段階で月額7万円)におき,また戦前水準への即時回復,マーケット・バスケット方式による実質賃金の確保,職階制の打破などが目標として掲げられ,経営側の主張する〈支払能力〉説に対抗する生活賃金の考え方が全面的に展開された。また,これらの賃金目標を達成する前提として,(1)全国全産業一律の最低賃金制(8000円)の確立,(2)社会保障制度の根本的拡充,(3)平和産業の拡大,再軍備反対,平和憲法の擁護,なども掲げられた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

総評賃金綱領の関連キーワードマーケット・バスケット方式電産・炭労スト