コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

総評賃金綱領 そうひょうちんぎんこうりょう

1件 の用語解説(総評賃金綱領の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

そうひょうちんぎんこうりょう【総評賃金綱領】

1952年の総評第3回大会で決定された賃金闘争の基本的路線を総評賃金綱領と呼ぶ。同綱領は,賃金闘争の基本目標を〈健康にして文化的な生活〉を営みうる水準(1952年段階で月額7万円)におき,また戦前水準への即時回復,マーケット・バスケット方式による実質賃金の確保,職階制の打破などが目標として掲げられ,経営側の主張する〈支払能力〉説に対抗する生活賃金考え方が全面的に展開された。また,これらの賃金目標を達成する前提として,(1)全国全産業一律の最低賃金制(8000円)の確立,(2)社会保障制度の根本的拡充,(3)平和産業の拡大,再軍備反対,平和憲法の擁護,なども掲げられた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

総評賃金綱領の関連キーワード疎開非決定論国際数学オリンピックワールドゲームズ東アジア競技大会オリンピック種目新基準中央委員会大学勢の勝利野球王国の香川ワールドカップサッカー

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone