コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

緑の光線

3件 の用語解説(緑の光線の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

緑の光線

1985年製作のフランス映画。原題《Le rayon vert》。監督:エリック・ロメール、出演:マリー・リビエール、リザ・エレディア、バンサン・ゴーティエほか。第43回ヴェネチア国際映画祭金獅子賞受賞。

緑の光線

フランスの作家ジュール・ヴェルヌのSF小説(1882)。原題《〈仏〉Le rayon vert》。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

緑の光線
みどりのこうせん
Le Rayon Vert

フランス映画。1986年作品。監督エリック・ロメール。恋愛話を中心に若い女性たちの日常生活の些細(ささい)なできごとを軽やかなタッチで描く「喜劇と格言劇」シリーズ(1980~1986)の5作目にあたり、1980年代ロメールの代表作。恋人と別れて孤独なヒロインが、夏のバカンスをどう過ごせば満足できるか悶々(もんもん)と思い悩みながら、パリやシェルブール、ビアリッツなどフランス各地を移動する。自然にみえながらも練り上げられた台詞(せりふ)や脚本を重視するロメールだが、この作品では脚本に頼らず、台詞は現場で即興的につくられた。ロメールのほかには撮影・録音・製作管理をそれぞれ担当する女性3人という最小編成のクルーで、16ミリ、同時録音によるロケーション撮影を敢行。この身軽なドキュメンタリー的スタイルはヌーベル・バーグの原点を思い出させる。ベネチア国際映画祭で金獅子賞を受賞。[伊津野知多]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

緑の光線の関連キーワードショアトランスポーターアメリサムライサン・ソレイユトランスポーター2トランスポーター3/アンリミテッドピアニストを撃てまぼろしやぶにらみの暴君

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

緑の光線の関連情報