コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

線状皮膚炎 せんじょうひふえんDermatitis Linearis

家庭医学館の解説

せんじょうひふえん【線状皮膚炎 Dermatitis Linearis】

[どんな病気か]
 甲虫(こうちゅう)のアオバアリガタハネカクシの体液に含まれるペデリンという毒性物質による皮膚炎です。虫をつぶしたりして、体液が人の皮膚についておこります。被害は6~9月に多く、顔、手、上肢(じょうし)に痛みのある線状の紅斑(こうはん)の後、たくさんの小水疱(しょうすいほう)や膿疱(のうほう)、びらんができます。
[治療]
 副腎皮質(ふくじんひしつ)ホルモン配合の軟膏(なんこう)を塗布(とふ)します。1~2週間で治ります。

出典|小学館家庭医学館について | 情報

今日のキーワード

闇ポテチ

2017年に起こったジャガイモ不足を発端に、非正規のルートで流通したポテトチップスのこと。16年の台風被害などで原料となる北海道産ジャガイモの収穫量が減少したことを受け、17年3月に株式会社湖池屋が、...

続きを読む

コトバンク for iPhone