コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

線状皮膚炎 せんじょうひふえん Dermatitis Linearis

1件 の用語解説(線状皮膚炎の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

せんじょうひふえん【線状皮膚炎 Dermatitis Linearis】

[どんな病気か]
 甲虫(こうちゅう)のアオバアリガタハネカクシの体液に含まれるペデリンという毒性物質による皮膚炎です。虫をつぶしたりして、体液が人の皮膚についておこります。被害は6~9月に多く、顔、手、上肢(じょうし)に痛みのある線状の紅斑(こうはん)の後、たくさんの小水疱(しょうすいほう)や膿疱(のうほう)、びらんができます。
[治療]
 副腎皮質(ふくじんひしつ)ホルモン配合の軟膏(なんこう)を塗布(とふ)します。1~2週間で治ります。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

線状皮膚炎の関連キーワード口中甲虫蝗虫五虫忡忡ちゅうちゅう何心地病中校注興儔

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone