編述(読み)へんじゅつ

精選版 日本国語大辞典「編述」の解説

へん‐じゅつ【編述】

〘名〙 文書をまとめつづること。
※小説神髄(1885‐86)〈坪内逍遙〉上「其編述(ヘンジュツ)せる事蹟に於ては」 〔本草綱目‐序例上・歴代諸家本草・神農本草経〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「編述」の解説

【編述】へんじゆつ

編纂陳説する。〔本草綱目、序例上〕(神農本草経)(の)、始めて古學に因り、附するに新を以てし、じてを爲す。

字通「編」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android