コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

丹田 タンデン

デジタル大辞泉の解説

たん‐でん【丹田】

へその少し下のところで、下腹の内部にあり、気力が集まるとされる所。「臍下(せいか)丹田

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

丹田【たんでん】

臍(へそ)下の下腹部。臍下(せいか)丹田とも。古代中国の医学で,丹は不老不死の薬,田はこれを産する土地を意味し,ここに力を入れれば,健康と勇気を得るとされる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たんでん【丹田 dān tián】

中国,道教に説く身体の部位の名。晋の葛洪の《抱朴子》では,両眉の間の3寸入った所を上丹田,心臓の下にあるのを中丹田,臍下(せいか)2寸4分にあるのを下丹田と呼び,この三丹田には,衣服を着,名前を持つ具象的な神である〈一〉が居り,この神を守ること,すなわち守一道術が説かれる。北宋の中期ごろに起こった紫陽真人張伯端(987‐1082)の金丹道では,とくに臍下丹田が注目され,体内における不死の金丹の結実するところとされた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

たんでん【丹田】

東洋医学で、臍へその下のあたりをいう。全身の精気の集まる所とされる。 「臍下せいか-」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

丹田の関連キーワード東みよし町立歴史民俗資料館徳島県三好郡東みよし町西庄伝・傳・殿・澱・田・電調和道身心健康法東みよし(町)西野流呼吸法肥田式強健術東みよし町中村 翫暁練丹・煉丹夜船閑話譚鑫培三加茂弓道静坐練丹精気座る坐禅

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

丹田の関連情報