丹田(読み)タンデン

百科事典マイペディアの解説

丹田【たんでん】

臍(へそ)下の下腹部。臍下(せいか)丹田とも。古代中国の医学で,丹は不老不死の薬,田はこれを産する土地を意味し,ここに力を入れれば,健康と勇気を得るとされる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たんでん【丹田 dān tián】

中国,道教に説く身体の部位の名。晋の葛洪の《抱朴子》では,両眉の間の3寸入った所を上丹田,心臓の下にあるのを中丹田,臍下(せいか)2寸4分にあるのを下丹田と呼び,この三丹田には,衣服を着,名前を持つ具象的な神である〈一〉が居り,この神を守ること,すなわち守一道術が説かれる。北宋の中期ごろに起こった紫陽真人張伯端(987‐1082)の金丹道では,とくに臍下丹田が注目され,体内における不死の金丹の結実するところとされた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

たんでん【丹田】

東洋医学で、臍へその下のあたりをいう。全身の精気の集まる所とされる。 「臍下せいか-」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

たん‐でん【丹田】

〘名〙 漢方医学で、臍(へそ)より少し下のあたりをいう。ここに力を入れると健康と勇気を得るといわれる。
※蔗軒日録‐文明一七年(1485)一一月二五日「冬来夜夜寒入骨、庶得丹田和気生」 〔黄庭経〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

丹田の関連情報