コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

縦稜 じゅうりょうlongitudinal ridge

岩石学辞典の解説

縦稜

普通は20cm以下(時に5~10mm)の間隔で,広い溝で鋭く尖った尾根となった線状のソール・マーク.構造は流れと平行で,尾根部は下流方向に向って連続する傾向があり,ときに収斂する.主な尾根はカプス状尾根(cuspate ridges)に合流し,カプス状尾根は上流に凸でフルート・キャストに類似した構造を示す.これらは流れの擦り削りによって形成されたと考えられている[Craig & Walton : 1962, Dzulynski & Walton : 1965].

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

縦稜の関連キーワード精巧なフルートキャストヤノネカイガラムシ縦凹地および稜サクラコガネ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android