コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

縦稜 じゅうりょうlongitudinal ridge

1件 の用語解説(縦稜の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

縦稜

普通は20cm以下(時に5~10mm)の間隔で,広い溝で鋭く尖った尾根となった線状のソール・マーク.構造は流れと平行で,尾根部は下流方向に向って連続する傾向があり,ときに収斂する.主な尾根はカプス状尾根(cuspate ridges)に合流し,カプス状尾根は上流に凸でフルート・キャストに類似した構造を示す.これらは流れの擦り削りによって形成されたと考えられている[Craig & Walton : 1962, Dzulynski & Walton : 1965].

出典|朝倉書店
岩石学辞典について | 情報

縦稜の関連キーワード遊動円木海氷シロチョウガイマベガイイワシカラスムギキャッサバクズ(葛)輪投げシーバスフィッシング

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone