コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

縦稜 じゅうりょう longitudinal ridge

1件 の用語解説(縦稜の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

縦稜

普通は20cm以下(時に5~10mm)の間隔で,広い溝で鋭く尖った尾根となった線状のソール・マーク.構造は流れと平行で,尾根部は下流方向に向って連続する傾向があり,ときに収斂する.主な尾根はカプス状尾根(cuspate ridges)に合流し,カプス状尾根は上流に凸でフルート・キャストに類似した構造を示す.これらは流れの擦り削りによって形成されたと考えられている[Craig & Walton : 1962, Dzulynski & Walton : 1965].

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

縦稜の関連キーワード会陰黒鉛土性脈拍ミリ波濃茶点前五種文法論通はすフリッシュ砂岩

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone