コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

縫工筋 ほうこうきんsartorius

翻訳|sartorius

4件 の用語解説(縫工筋の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

縫工筋
ほうこうきん
sartorius

上前腸骨棘から起り,大腿部を斜め内下方に向い,脛骨粗面の内側につく長い帯状の筋。大腿を前に上げるときや膝を伸ばすときに働く。大腿神経に支配される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ほうこう‐きん【縫工筋】

大腿(だいたい)前部にある細長い伸筋。骨盤の上部から起こり、斜めに内側に下り、脛骨(けいこつ)につく。両脚を組むときに働き、学名では服の仕立て屋の筋を意味し、縫匠筋(ほうしょうきん)ともいう。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ほうこうきん【縫工筋】

腰骨の前上隅に始まり、大腿の前面を下内方に斜めに走り、脛骨上部につく帯状の筋。膝関節の屈曲、大腿の外転・外旋などをつかさどる。縫匠ほうしよう筋。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

縫工筋
ほうこうきん

大腿筋(だいたいきん)の伸筋(前筋)群の一つ。大腿の最前側を斜めに上外方から下内方に下る帯状の細長筋である。大腿神経に支配され、あぐらをかくなどのように、両脚を組むときに使われる筋肉である。ラテン名のMusculus sartoriusは「服の仕立屋の筋」という意味であり、わが国でも縫匠筋(ほうしょうきん)という別名がある。縫工筋の両端は上前腸骨棘(きょく)の直下と脛骨(けいこつ)の内縁粗面部に付着し、収縮すると大腿部と脛骨部(下腿)の間、つまり膝(ひざ)(関節)を屈曲するほか、下腿を内・外旋または内・外転させる。また、縫工筋は大腿の最表面にあり、筋線維が平行に走り、扁平(へんぺい)で薄く、結合組織も少ない。このため、神経終板に刺激を直接加えやすいなど、筋肉生理学的実験に適した点が多く、さまざまな研究に使われてきた。[嶋井和世・上見幸司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の縫工筋の言及

【筋肉】より

…筋肉を構成する個々の筋繊維は,原則として起始から停止まで伸び,途中で終わることはない。したがって体のなかで長さの最も長い縫工筋の場合,それを構成する筋繊維は長さが30cmもある。筋肉が骨に付着するところをみると,筋繊維が直接に骨に付着するのではなく,必ず(けん)tendonを介して連結している。…

※「縫工筋」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone