コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

織田信澄 おだ のぶずみ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

織田信澄 おだ-のぶずみ

?-1582 織豊時代の武将。
織田信行の長男。永禄(えいろく)7年元服して津田を称す。明智(あけち)光秀の娘婿。近江(おうみ)(滋賀県)大溝城主。天正(てんしょう)10年本能寺の変の際は,四国攻め総大将織田信孝に属して大坂城にいた。光秀の縁者を理由に同年6月5日信孝に殺された。享年には25歳,26歳,28歳説がある。通称は七兵衛

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

織田信澄の関連キーワード高島(滋賀県)織田信行藤堂高虎丹羽長秀津田信澄大溝藩

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

織田信澄の関連情報