コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

繰(り)越(し) クリコシ

デジタル大辞泉の解説

くり‐こし【繰(り)越(し)】

繰り越すこと。
簿記で、計算結果を次ページに書き送ること。
会計勘定を次期の会計に組み入れること。
繰越金」の略。
女物和服の襟肩あきを、肩山より後ろにあけること。また、この肩山と襟肩あきまでの寸法、またはその部分の名称。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

繰(り)越(し)の関連キーワード産業活力再生特別措置法(産業再生法)先入先出法・後入先出法滞納繰越額の過少公表契約者配当準備金国庫債務負担行為税制適格企業再編当期未処分利益エンジェル税制剰余金[会計]社員配当準備金剰余金計算書処分可能利益欠損金の繰越繰延税金資産繰越損失金利益剰余金産業再生法後年度負担売価還元法手持工事高

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android