コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

罔象女神 みつはのめのかみ

2件 の用語解説(罔象女神の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

罔象女神 みつはのめのかみ

記・紀にみえる神。
伊奘冉尊(いざなみのみこと)が火神を生んで病んだとき,その尿より生まれた。水の神としてまつられる。奈良県丹生川上(にうかわかみ)神社の主神。「古事記」では弥都波能売神。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

みつはのめのかみ【罔象女神】

日本神話にみえる神の名。水の女神。〈みずはのめ〉ともいうが,《日本書紀》神武即位前紀に〈罔象女〉をミツハノメと訓む注がある。ミは水,ツは格助詞,ハは〈早い〉の意。灌漑に用いられる水や火を鎮める水の霊能を神格化したもの。記紀神話では,伊弉冉(いざなみ)尊が火神を生み,病臥したとき,その尿に生まれた神とある。〈罔象〉は,たとえば《淮南子(えなんじ)》に〈水,罔象を生ず〉の注に〈水の精なり〉とある。【西宮 一民】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

罔象女神の関連キーワードアフロディテ大年神女神竜田彦竜田姫天之水分神惶根尊櫛明玉神活樴尊角樴尊

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone