コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

罔象女神 みつはのめのかみ

2件 の用語解説(罔象女神の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

罔象女神 みつはのめのかみ

記・紀にみえる神。
伊奘冉尊(いざなみのみこと)が火神を生んで病んだとき,その尿より生まれた。水の神としてまつられる。奈良県丹生川上(にうかわかみ)神社の主神。「古事記」では弥都波能売神。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

みつはのめのかみ【罔象女神】

日本神話にみえる神の名。水の女神。〈みずはのめ〉ともいうが,《日本書紀》神武即位前紀に〈罔象女〉をミツハノメと訓む注がある。ミは水,ツは格助詞,ハは〈早い〉の意。灌漑に用いられる水や火を鎮める水の霊能を神格化したもの。記紀神話では,伊弉冉(いざなみ)尊が火神を生み,病臥したとき,その尿に生まれた神とある。〈罔象〉は,たとえば《淮南子(えなんじ)》に〈水,罔象を生ず〉の注に〈水の精なり〉とある。【西宮 一民】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone